ひな人形

3月3日は桃の節句で、そのひなまつりで子供に災いが降りかからない様にという家族の願いや、
人生の幸福が得られる様にという気持ちを込めてひな人形を飾るようになりました。

親王飾り

親王飾り

親王飾りは、「殿」と「姫」の2つの人形が1つのペアになった雛人形です。一般的に「殿」と「姫」を中心に飾り、「屏風」「雪洞」「三宝菱台」「桜橘」を飾ります。
殿は向かって左に置き、姫を向かって右に置いて飾ります。しかし、その逆に飾る地域も一部あります。

全15件

PAGE TOP