ひな人形

3月3日は桃の節句で、そのひなまつりで子供に災いが降りかからない様にという家族の願いや、
人生の幸福が得られる様にという気持ちを込めてひな人形を飾るようになりました。

市松人形

市松人形

市松人形とは、やまと人形の別称で、関西では「市松」、北陸方面では「三吉」、そのほか「じんじょこ」「ねんね」「でく」など地方により様々な呼び方があります。
一般的には男の子は羽織袴の正装、女の子は通常おかっぱ頭で、振袖人形としては日本人形の代表的な人形です。
三月節句には雛段等の左右に男女一対で飾られ、出産祝の贈り物としても多く利用されています。

全1件

  • 市松人形 HC-30

    SOLD
    OUT

    市松人形市松人形 HC-30

    56,160円(税込)

PAGE TOP