ひな人形

3月3日は桃の節句で、そのひなまつりで子供に災いが降りかからない様にという家族の願いや、
人生の幸福が得られる様にという気持ちを込めてひな人形を飾るようになりました。

つるし雛

つるし雛

つるし雛の風習は江戸時代後期の頃を発端として、愛する子供や孫のため、手作りの雛飾りで、初節句を祝おうという親心から生まれたもので、現在では全国的に知られています。
つるすものは女の子の生活に必要なものを作ったと言われ、人形類、野菜や果物、花、手まり等があります。
これは子孫繁栄、家族の幸せ、人の輪を表していると言われています。

全1件

  • つるし雛 HC-31

    SOLD
    OUT

    つるし雛つるし雛 HC-31

    57,240円(税込)

PAGE TOP